Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記1

投稿日:

「肝機能の減衰」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、そしてγ-GTPなど3種類の数値で確認することができますが、特にここ数年肝臓の機能が低下している国民の数が明らかに増加しているとされています。

常在細菌であるブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒素の強烈な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と一方は毒が低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種が挙げられます。

必要な栄養素を万遍なく含んだ食事や運動は当然のことですが、心身の健康やビューティーを目的とし、特に欲しい栄養を補うために色々なサプリメントを利用する事が普通になっているということです。

肥満(obesity)の状態は大前提として食生活の内容や運動不足が素因ですが、量が等しいごはんであれ、かきこむように食べ終わる早食いを日常化することで肥満(obesity)を招く恐れがあります。

日々の規則正しい暮らしの継続、腹八分目を心がけること、程よいスポーツ等、古典的とも言える自分の体へのおこないが老化防止にも関係しているといえます。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、特に病気ではなくても起こることがあるため緊急の病ではないのですが、同じような発作が続いて発生するケースは楽観視できません。

体脂肪量(somatic fat volume)にさして変化がなく、体重だけが食物摂取や排尿などで短時間で増減するケースでは、体重が増加すれば体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減少すれば体脂肪率が高まることがわかっています。

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーを誘発する花粉の放出される量に比例したように酷くなる特性があるということが明らかになっています。

緊張性頭痛というものはデスクワークなどでの肩凝りや首のこりが因子の最も一般的な慢性頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような強烈な痛さ」「頭が重苦しいような痛さ」と言われます。

ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調べによると、1日あたり2~3杯のカフェイン抜きのコーヒーを代用すれば、なんと直腸がんの発症する確率を0.52減少させたという。

チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する数十年に及ぶ後追い調査のデータからは、大人に比べて子供のほうが漏れた放射能の深刻な影響を受容しやすくなっていることが理解できます。

最大の臓器である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん)は、動脈硬化や糖尿病といったいろんな疾患の合併症の因子となる可能性があります。

H17年以後特保(特定保健用食品)の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の日本語の記述が食品メーカーに義務付けられた。

杉の木の花粉が飛散する時に、小さな子どもが発熱は確認できないのにクシャミを連発したりサラサラした水っ洟が止まる気配をみせないケースは、その子は『スギ花粉症』かもしれないのです。

子供の耳管の構造は、大人の耳管と比較して幅が広く短めの形状で、加えて水平に近いため、黴菌が入りやすくなっているのです。大人より子どもの方が急性中耳炎を発症しやすいのは、この作りが関係しています。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2018 AllRights Reserved.