Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記2

投稿日:

子供の耳管の作りは、大人のそれに比べると幅が広くて短い形で、加えて水平に近いため、様々な細菌が入りやすくなっているのです。幼い子どもが急性中耳炎を発症しやすいのは、この事が関わっています。

呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、臨床データに基づいた研究によって、予防効果を予想できるのは、接種日の2週後位から約5カ月間ぐらいと考えられているのです。

鍼灸用のハリを患部に刺してもらう、というダイレクトな多数の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスという名前の電気信号の化学伝達を誘引するという見解が一般的です。

寝姿を見ることなどで、患者さんがセラピーキャットをとても愛おしいと思った時に「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、ストレスを減らしたり心の癒しなどに結びついているのです。

花粉症というものは、森林のスギや檜、松などの虫によって媒介されない花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・頭重感・鼻づまり・鼻みずなどの不快なアレルギー症状を引き起こす病気だといえます。

植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)という化学物質が、肝臓から分泌される解毒酵素そのものの正常な創造を支えているのではないかという新たな真実が明らかになってきたのです。

内臓が脂肪過多になっている肥満が確認され、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂取などによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2~3個に相当する様子を、メタボリック症候群と名付けています。

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が何もしなくても燃える熱量のことですが、その50%以上を身体中の筋肉・一番大きな臓器である肝臓・脳の3つが使っているのです。

塩分と脂肪の摂取過多をやめて手ごろな運動に励むだけでなく、ストレスを溜めすぎないような毎日を続けることが狭心症を起こす動脈硬化を予め予防する方法だといえます。

ちょっとした捻挫だと自己判断して、湿布をして包帯やテーピングなどで一応患部を固定し、様子を窺うのではなく、応急処置をしたらすかさず整形外科でレントゲンを撮ることが、結局は根治への近道に繋がります。

陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と呼び、かびの一種である白癬菌が股部、陰嚢、お尻などの部分に感染、もしくは寄生してしまった感染症のことで即ち水虫です。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する作用のあるナイアシンは、辛い二日酔いに効きます。辛い宿酔の元凶物質だといわれるエタナールという物質のクラッキングに関係しているのです。

黴菌やウィルスなどの病気を招く病原微生物、即ち病原体が肺の中に進入して発病してしまい、肺の中が炎症反応を露呈している状況を「肺炎」と総称しています。

もう歯の表面の骨を減らしてしまうほど放置してしまった歯周病は、残念ながら病状そのものが落ち着くことはあっても、なくなったエナメル質が元の量に再建されることはまずないでしょう。

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事が欧米化したことに加えて煙草を吸う事・アルコール類・脂肪過多などの生活習慣が変化したこと、ストレス等により、近年日本人に多い疾患なのです。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.