Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記3

投稿日:

体を撫でることなどで、人間が猫のことをとても愛おしく思うとオキトキシンというホルモンが多く分泌された結果、ストレスを和らげたり癒しに繋がっているといわれています。

杉花粉症などの病状(水っ洟、鼻づまり、連発するクシャミ等)のために夜間よく眠れない場合、それが素因になって慢性的な睡眠不足になり、次の日起床してからの行動に芳しくない影響を及ぼすかもしれません。

花粉症というのは、山の杉や檜、松、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・鼻づまり・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気として広く認識されています。

メタボであるとは診断されなかったとしても、臓器に脂肪が付着してしまうような肥満症を持っている事で、複数の生活習慣病を発症しやすくなります。

呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、臨床データに基づいた研究結果から、注射の効果を見通せるのは、接種の14日後からおよそ150日くらいだろうということが分かりました。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓にあるインスリンを分泌しているβ細胞が破壊されてしまうことが原因となり、患者の膵臓からほとんどインスリンが分泌されなくなってしまって発症してしまう自己免疫性の糖尿病なのです。

脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常が要因で現れる湿疹で、皮脂の分泌異常の主因としてはアンドロゲンと女性ホルモンの均衡の乱れやナイアシンなどビタミンB複合体の不足などが関わっているのです。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目の痒み・異物が入っているような感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛散量の多さに比例しているかのように酷くなるという特性があるということが明らかになっています。

好気性桿菌のひとつである結核菌は、人間がゴホゴホと「せき」をすることで空間に散布され、空気中にふわふわ漂っているのを別の誰かが呼吸の際に吸い込むことで感染していくのです。

肥満の状態というのは当たり前のことながら摂取する食物の内容や運動不足などが要因ですが、内容量の変わらないごはんであれ、せっかちに食べ終わる早食いをすることにより体重過多に陥っている肥満(obesity)を招く恐れがあります。

学校や幼稚園などの大規模な集団行動に於いて、花粉症の症状が原因で他の友達と等しく楽しく運動ができないのは、患者である子どもにとっても悔しいことです。

「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、人体の中の脂肪の蓄積している度合いを指し、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キログラム)×100」というシンプルな計算式で調べられます。

日本における結核への対策は、昭和26年に制定された「結核予防法」に従う形で進行されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からはこれ以外の感染症とひとくくりにして「感染症新法」という法律に従って行われることに決定しました。

胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な措置では大方の病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」とグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス手術(CABG)」の二者の施術が高い頻度で使われています。

人間の耳の内部構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分かれていますが、中耳の近くに様々なバイ菌やウィルスなどが付着して炎症が起こったり、液体が溜まる病を中耳炎と呼んでいます。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.