Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記4

投稿日:

物を食べるという行動は、食べようと考えた物をなんとなく口に入れて数十回噛んで飲み下すだけだが、そのあと身体はまことに健気に動いて異物を人体に取り込むように励んでいるのだ。

毎日の折り目正しい暮らしの保持、暴飲暴食しないこと、軽い運動等、古典的とも思える体への考え方が老化対策にも役立つのです。

最大の内臓である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)という病気は、脳梗塞のみならず多くの疾病の誘因となる可能性があるのです。

老化が原因の耳の聞こえ辛さではなだらかに聴力が低くなっていきますが、大体は還暦くらいまでは耳の悪さをはっきりと自認できないのです。

消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、大抵は腹痛・悪心・嘔吐・腹下しの症状がみられる位で済みますが、細菌感染が原因の場合は強い腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38℃以上の高熱も出るのが通例だといえます。

通常の場合は骨折しない位のごく僅かな力でも、骨の狭い所に何度も持続的に力が加わってしまうことにより、骨折に至ることがあるので気を付けなければいけません。

骨を折ってひどく出血した場合、血圧が急降下して目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、胸のムカつき、失神などのいろんな脳貧血の症状が誘引される時もあります。

男性だけにある前立腺という生殖器はその活動や成長にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが密接に関連していますが、前立腺にできてしまったがんも同様、雄性ホルモン(男性ホルモン)の影響で肥大化してしまいます。

くしゃみに鼻みず、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛び散っている量に追従するかのように悪化の一途を辿る傾向があるというのは周知の事実です。

触れ合うことで、高齢者がセラピードッグを愛おしく感じる時にオキトキシンというホルモンが多く分泌され、結果としてストレスを軽くしたり精神のヒーリングなどに繋がっています。

緊張性頭痛というのはPC使用などによる肩こり、首筋のこりが因子の最も多いタイプの慢性頭痛で、「まるで締め付けられるような強烈な痛み」「頭が重苦しいような鈍い痛さ」と言い表されることが多いようです。

下腹の強い痛みがみられる主な病には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、女性特有の病気などが真っ先に聞かれるようです。

エイズ(AIDS)はHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染によって起こるウイルス感染症のことで、免疫不全を引き起こし些細なウイルスなどが原因の日和見感染やがん等を複数発症してしまう病状そのものを称しているのです。

頸椎などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間に存在するクッションに近い役目をしている椎間板(ツイカンバン)という柔らかい円形の線維軟骨が飛び出た状態を称します。

心筋梗塞は心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が細くなり、血液の流れが止まり、大切な酸素や栄養を心筋に配達できず、筋肉細胞自体が死ぬという危険な病気です。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.