Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記5

投稿日:

植物に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつのイソチオシアネート類のスルフォラファンという揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓の持っている解毒酵素の正常な製造活動を促しているのではないかという新たな真実が判明してきたのです。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に存在している血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまうことが原因となり、膵臓からはインスリンがほぼ出なくなって発病に至る自己免疫性の糖尿病です。

人間の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に大別されますが、この中耳の近くにばい菌やウィルスがうつることで炎症が発症したり、液体が滞留する症状を中耳炎と呼びます。

目と目を合わせることで、高齢者が動物をとても可愛いと感じることによって「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが多く分泌され、ストレスの低減や精神のヒーリングなどに結びつきます。

HIV、すなわちエイズウイルスを持つ血液や精液の他、女性の母乳や腟分泌液などの体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜部分などに触れれば、感染の危険性があるのです。

男性だけにある前立腺という生殖器はその活動や成長にアンドロゲン(男性ホルモン)が大変深く関連していますが、前立腺のがんも同じく、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンに影響されて成長してしまうのです。

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質を合成させるために働く特殊な酵素や、細胞や組織の入れ替わりに深く関係する酵素など、約200種類以上も存在する酵素の構築要素となるミネラル分なのです。

クモ膜下出血(SAH)は9割近くが「脳動脈りゅう」という脳内の血管にできるコブが破裂して脳内出血してしまうことで引き起こされてしまう深刻な病気だということを多くの人が知っています。

現在、比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に対しての免疫を保有しない人々が増えたことや、自己判断のせいで受診が遅れることに縁るアウトブレイク・院内感染の発生頻度が高くなっています。

開放骨折により大量出血した状況では、急激に血圧が下がって、目眩やふらつき、冷や汗、悪心、座っていても起こる失神などの様々な脳貧血の症状があらわれるケースもあります。

ジェネリックという医薬品は新薬の特許が切れてしまった後に発売されるもので、新薬とまったく同一の成分で自己負担分を少なく抑えられる(クスリの金額の高くない)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。

平成17年以降新しくトクホ(特定保健用食品)のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起のキャッチコピーの印字が食品メーカーに義務付けられた。

体を動かすのに必要なエネルギーの源としてすぐに使われる糖、細胞の生まれ変わりに必要な蛋白質など、行き過ぎた痩身ではこの2種類に代表される体調を整えるために欠かせない要素までも減少させている。

「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の値で判断できますが、ここ数年で肝臓の機能が低下している人の数が明らかに増加傾向にあると言われています。

いんきんたむし(陰金田虫)は比較的若い男性に多く見られる傾向があって、ほぼ股間部にのみ拡大し、走ったり、風呂から上がった後など身体が熱くなった時に猛烈な痒みを起こします。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.