Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記6

投稿日:

軽い捻挫だろうと勝手に決めつけ、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどでとりあえず固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を済ませたらスピーディに整形外科で診てもらうことが、早く快癒させる近道となります。

臓器である前立腺は活動や成長に雄性ホルモン(男性ホルモン)が大きく関係しており、前立腺に現れてしまったがんも同様に、アンドロゲン(男性ホルモン)によって大きくなってしまいます。

自動車事故や建築現場での転落など、非常に大きな外力が身体にかかった場合は、複数の部分に骨折が齎されたり、複雑骨折に至ったり、他の内臓が損壊してしまうこともあり得ます。

ストレスが蓄積していくプロセスや、有効な抗ストレス法など、ストレスについて初歩的な知識を保持している人は、今のところ少ないようです。

体重過多に陥っている肥満というのは大前提として摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足などが要因ですが、量の等しいごはんであっても、あっというまに食べ終わる「早食い」を日常化することで肥満(obesity)の状態を招きやすくなると言われています。

筋緊張性頭痛とは肩凝り、首筋の凝り、張りから起こる最も一般的な頭痛で、「ギュッと締め付けられるような激しい頭痛」「頭が重たいような痛さ」と表現されています。

よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の直径が狭くなって、血流が止まり、酸素や色々な栄養が心筋に送られず、筋肉細胞そのものが機能しなくなってしまう深刻な病気です。

インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と言われている、かびの一種である白癬菌が陰嚢(いんのう)や股間、尻などの場所に感染してしまい、棲みつく病気の事であり水虫のことなのです。

毎日の規則正しい、穏やかな日常生活、腹八分目を志すこと、軽い体操等、アナログともいえる身体に対する考え方がお肌の老化防止にも関係するということです。

基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もせずにじっとしていても消費してしまう熱量であり、5割以上を様々な筋肉・一番大きな臓器である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が占めるというのが今や常識となっています。

めまいが確認できず、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを何度も発症するタイプのことを「蝸牛型メニエール(メヌエル)病」という名前で診断するケースもあるということはあまり知られていません。

頸椎などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間に存在するクッションと同様の役目をしている椎間板(ついかんばん)という名称のやわらかい組織が突出した症例を表しています。

高齢化が原因の耳の遠さは緩やかに聴力が低下していきますが、多くの人は還暦を過ぎないと耳の衰えをなかなか認識できないのです。

体脂肪量に変動が見られないのに、体重だけが飲食や排尿などにより短時間で増減する時、体重が増えれば体脂肪率は下がり、体重が減った人は体脂肪率が上昇することがわかっています。

チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚がしびれるような感覚があったり脚のむくみなどが目立ち、病状が進むと、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全などを併発することがあるそうです。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.