Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記7

投稿日:

汗疱(かんぽう)とは手の平や足裏、指と指の間などに小さめの水疱ができる疾患で、世間一般ではあせもと呼び、足裏に出ると足水虫と混同されることがよくあるようです。

臓器である前立腺は成長や働きにアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが大変深く関係していますが、前立腺に現れてしまったガンも同様に、雄性ホルモン(男性ホルモン)の働きを受けて大きくなってしまいます。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは睡眠中ではない状態で生命活動を維持する(鼓動、鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張のキープなど)のに必要となるミニマムなエネルギー消費量のことを指しています。

インキンタムシ(陰金田虫)は20~30代の比較的若い男性に多く見られる傾向があり、大体股間の周辺だけに拡大し、激しく運動したり、入浴後のように全身が温まった時に強烈な痒みが訪れます。

ダイエットしたいがためにカロリー摂取を抑える、食べる量が少ない、などの生活を続けると結果として栄養までもを不足させ、慢性の酷い冷え性を齎すことは、多くの医療関係者が問題視されているのです。

結核への対策は、長年、昭和26年に生まれた「結核予防法」に従ってなされてきましたが、平成19年からは数多くある結核以外の感染症と供に「感染症法」という名の法律に従って実行される運びとなりました。

クシャミや鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の辛い症状は、アレルギーの原因である花粉の飛ぶ量に比例したように悪化の一途を辿ってしまうデータがあるとわかっています。

塩分や脂肪の大量摂取を控えて続けられる運動を心がけ、ストレスを蓄積しすぎないような暮らしを続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を防ぐコツなのです。

肝臓をいつまでも元気にキープするには、肝臓の解毒する力が衰退しないようにする、言いかえれば、肝臓の老化対処法を実行することが有効でしょう。

好気性桿菌の結核菌は、感染した人がゴホゴホと咳き込むことで内気に散り、空気中でふわふわと流されているのを他の誰かが呼吸の際に吸い込むことにより次々に感染します。

子どもの耳管の仕組みは、大人のそれと比較すると幅があって短めの形であり、加えて水平に近いため、細菌が入りやすいのです。幼い子どもが急性中耳炎を発病しやすいのは、この事が関係しています。

耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、当事者にしか聞こえないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように当事者以外の人にも高性能のマイクロホンを使うと聞けると言われる「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。

1型糖尿病というのは、膵臓に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことが原因で、その膵臓からほとんどインスリンが分泌されなくなってしまい発病してしまう種類の糖尿病です。

薬、アルコール、合成乳化剤を始めとした食品への添加物等を酵素で分解し、無毒化する働きのことを解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓が担っている非常に重要な活動のひとつだと言えるでしょう。

V.D.は、Caが体に吸収されるのを促す働きで有名で、血液中のカルシウム濃度をコントロールし、筋繊維の活動を調整したり、骨を作ってくれます。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.