Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記8

投稿日:

真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番症例の多い中耳炎で比較的子どもによく発症する病気です。強い耳の痛みや38℃以上の発熱、ひどい鼓膜の腫れ、膿が流れる耳漏などのいろいろな症状が発生します。

自分では折れているのかどうか不明な場合は、負傷してしまった部分の骨を優しく圧してみてください。その部分に激しい痛みがあれば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

うつ病というのは副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが足りず、気分の落ち込み、不眠、強い疲労感、食欲の低下、体重減少、焦り、意欲の低下、そして重症になると自殺企図など様々な症状が心身に現れるのです。

加齢が原因の耳の聞こえ辛さはなだらかに聴力が低くなっていきますが、一般的に還暦過ぎまでは耳の老化をしっかりと自覚できないものです。

悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、通常ならば人の体をがんにさせない役割をする物質を作るための型みたいな遺伝子の不具合によって発生してしまうというのは周知の事実です。

バイキンやウィルスなど病気をもたらす微生物が口から肺の中へ侵入して罹患してしまい、左右いずれかの肺が炎症反応を示している事態を「肺炎」と断定しています。

抗酸菌のひとつである結核菌は、菌に感染した人が咳き込むことによって空間に振りまかれ、空中でフワフワ流れているのを別の人が空気と一緒に吸い込むことによりどんどん感染します。

食事という行為は、食べようと思った物をなんとなく口へ入れて20回前後咀嚼して後は嚥下するだけだが、その後体は実に律儀に機能して食物を身体に取り込むよう努力しているのだ。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、1週間くらい処方薬を飲めば、一般的に9割近くの患者さんの自覚症状は消えますが、かといって食道粘膜の傷みや炎症が完全に引いたとは断言できないので注意が必要です。

チェルノブイリ原発の事故に関する被害者の後追い調査の結果において、成人に比べると子供のほうが漏れてしまった放射能の悪影響をよく受容することが読み取れます。

基礎代謝量(kcal)というのは睡眠中ではない覚醒状態で命を保っていく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張の保持など)のに必要なミニマムなエネルギー消費量のことを言うのです。

いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20代~30代の男性に症例が多く、ほとんどのケースでは股間部だけに広がり、体を動かしたり、お風呂上りのように体がポカポカ温まると激しい掻痒感に苦しみます。

針を皮膚に刺す、というフィジカルな複数の刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスと言われるいわば電気信号伝達を起こすのではないかと言われています。

肝臓をいつまでも健康に保つには、肝臓の毒素を無毒化する作用が低下しないようにすること、分かりやすく言うと、肝臓を老化させない対処法を迅速に開始することが必要でしょう。

暗い所だと光量が不足するので見えにくくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、眼のピントを合わせるのに余分なエネルギーが利用され、日の差す所でものを見るより疲労がおおきくなります。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.