Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記9

投稿日:

「ストレス」というものは、「無くすべき」「除去しなければいけない」ものと思いがちですが、実のところ、私たち人間は多種多様なストレスを体験しているからこそ、活動することが可能になります。

環状紅斑とは何かというと輪状、要は円い形をした赤色の湿疹や鱗屑など、皮ふ疾患の総合的な病名ですが、理由は正に多種多彩なのです。

ダイエットに勤しむあまり摂取カロリーの総量を控える、1日3食のうち1食を飛ばす、そんな暮らしのスタイルが結果的に栄養をも不足させ、深刻な四肢の冷えを齎すことは、多くの医療従事者が問題視されていることなのです。

クモ膜下出血はそのほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳内の血管にできたコブが破れることが理由となって罹患する命にかかわる病気だと認識されています。

毎年流行するインフルエンザに適した予防テクニックや医師による治療というような必ず行う措置自体は、それが季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであってもほぼ変わりません。

アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を落としたり変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす物質を体の内部で無毒化し、肝臓の機能性を良くする特徴が明らかになっています。

アルコールを分解する肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、動脈硬化や脳梗塞に始まる色々な健康障害の合併症を招く恐れがあるのです。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や脚が何も感じない麻痺状態になったり脚の浮腫などがよく起こり、症状が進んでしまうと、最悪のケースでは心不全などを招くことがあるそうです。

現代の病院のオペ室には、レストルームや器械室、手術準備室(operating preparation room)を備え、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を設けるか、近い所にレントゲン用の専門室を準備するのが常識だ。

BMI(体重指数を求める式はどの国でも同じですが、数値の評価基準は国家単位で少しずつ異なり、(社)日本肥満学会ではBMI値22を標準体重、BMI25以上は肥満、18.5未満は低体重としているのです。

ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のV.E.などとは異なっていて、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、更に細胞膜でも酸化を防ぐ効果を発揮するのです。

UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特性があるので大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるのですが、地表まで届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞の遺伝情報を破損させるなど、皮膚に良くない影響をもたらすことが明らかになっています。

「体脂肪率」というものは、人の体の中の脂肪の蓄積している率を指しており、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(weight、キログラム )×100」という計算で弾きだせます。

寝姿を見ることで、当事者が猫のことをすごく愛おしいと思うことによって「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌され、最終的にはストレス緩和や心の癒しに結びついています。

上が140以上、下が90以上の高血圧が継続すると、身体中の血管に大きなダメージがかかり、身体中至る所のいろんな血管に障害が起こって、合併症になってしまう公算が拡大するのです。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.