Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記12

投稿日:

万が一血液検査でやはり卵胞ホルモンなどの分泌量が基準値を下回っていて早期閉経と分かった場合、足りていない女性ホルモンを足す医術で治せます。

ピリドキシンは、あのアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝のために必要となる回路に組み込むため、なお一層細分化させるのを支える機能もあると言われています。

亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質の合成に関わっている様々な酵素や、細胞・組織の再生に関係する酵素など、200種類以上存在する酵素の構築要素として非常に大切なミネラル分です。

基礎代謝量というのは睡眠中ではない覚醒状態で命を保つ(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の活動、体温や筋肉の緊張の保持等)のに必要な最も低いエネルギー消費量のことを指しています。

食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(スタフィロコッカス)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒力が強烈な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒素があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種が存在します。

めまいは出ないのに、長く続く耳鳴りと難聴の2つの症状をいつまでも繰り返す症例の事を区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール氏病」ということもよくあります。

UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという性質があるため大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を破損させたりして、皮膚に悪い影響を与えるのです。

前立腺という生殖器はその生育や活動にアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても大きく関連していて、前立腺に発生したガンも同じように、アンドロゲン(雄性ホルモン)に刺激されて大きく成長します。

1回歯の周囲のエナメル質を浸食してしまうほど悪化してしまった歯周病は、おそらく病状そのものが和らぐことはあっても、失ったエナメル質が元の量になるようなことはまずないでしょう。

メタボリック症候群とは断言されなくても、内臓脂肪が多く付着しやすい類の悪質な体重過多に陥る事により、色々な生活習慣病を引き起こしやすくなります。

必要な栄養を万遍なく含んだ食生活や体を動かすことはもちろん、体の健康や美容を目的として、補助として様々な成分のサプリメントを採用する事が一般的なものになっているということです。

呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究の結果、ワクチンの効果を期待できるのは、ワクチン接種した2週後位から150日程度だろうということが明らかになりました。

チェルノブイリ原発の事故の後追い調査のデータからは、体の大きな成人よりも若い子どものほうが飛来した放射能の悪い影響を受けやすくなっていることが読み取れます。

クシャミや鼻みず、鼻詰まりに目の痒み・異物が入っているような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの誘因である花粉の飛び散っている量に追従したかのように深刻化するというデータがあるようです。

汗疱状湿疹(汗疱)とは手のひらや足裏、または指と指の隙間などにブツブツの水疱ができる病気で、一般には汗疹(あせも)と呼ばれており、足裏に出ると足水虫と早とちりされることがよくあるようです。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.