Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記13

投稿日:

HIV(human immunodeficiency virus)を持っている精液、血液、唾液、母乳、腟分泌液といったいたる所の体液が、乳飲み子などの傷口や粘膜等に触れた場合、感染する危険性が大きくなります。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番よくある中耳炎で乳幼児によく起こる病気です。強い耳の痛みや38度以上の発熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、膿が流れる耳漏などのありとあらゆる症状がみられます。

虚血性心疾患の一つである狭心症の外科的な治療法としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス移植手術」のふたつの治療方法が頻繁に使用されています。

脚気(beriberi)の症状は、両手両足がしびれたり下肢の著しい浮腫みなどがよく起こり、病状が進むと、最悪の事態では心不全も誘発する可能性があるそうです。

めまいが出ず、不愉快な耳鳴りと難聴の症状だけを幾度も繰り返すケースの事を区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という名前で呼ぶ事があるようです。

ジェネリック医薬品は新薬の特許が失効した後に市場に出回る、同一の成分で金銭的な負担の小さい(クスリの価格の高価ではない)後発医薬品のことを指します。

外から観察しただけでは折ったのかどうか判別できない場合は、負傷してしまった部分の骨を優しく指で押してみてください。もしそこに強い痛みが響けば骨折しているかもしれません。

毎日のようにゴロンと横向きになったままでテレビ画面を眺めていたり、机の上で頬杖をついたり、かかとの高い靴をいつも履くといった癖や習慣は身体のバランスが乱れる大きな要素になります。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康体にも現れることがあるのでさほど深刻な心臓疾患とは限らないのですが、発作が何度も再三起こる時は楽観視できません。

脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が要因でもたらされる発疹で、分泌がおかしくなる主因として生殖ホルモンのバランスの崩れやビタミンB群の慢性的な欠乏等が挙げられます。

痩せたいがためにカロリーを抑制する、1人前を食べない、といったライフスタイルが栄養までもを不足させ、四肢の冷えを誘引していることは、頻繁に危惧されていることです。

いんきんたむし(陰金田虫)は20代~30代の比較的若い男の人に患者が多く、ほとんどのケースでは股間の辺りにのみ拡大し、激しい運動をしたり、風呂から上がった後など身体が温まると激しいかゆみを感じます。

体脂肪量に変化がないのに、体重が飲み食いや排尿等で短時間で増減する際、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少した人は体脂肪率が高まることがわかっています。

グラスファイバー製ギプスは、ダメージに強くて軽量な上に長く使うことができ、濡らしても使用できるという特長があるため、現在採用されているギプスの中では第一選択肢と言っても過言ではありません。

むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて喫煙・お酒を毎晩飲む事・肥満等の生活習慣が変化したこと、ストレスなどに縁り、こと日本人に増加しているという疾患だといえます。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.