Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記15

投稿日:

毎年流行するインフルエンザの効果的な予防策や医師による手当というような必須とされる対処策というものは、季節性のインフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザでもほぼ変わらないのです。

下腹の疝痛を引き起こす病には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、卵巣の疾患等の病名がみられます。

トコトリエノールの作用としては酸化を遅らせる作用が一段と認識されていますが、この他に肌を美しくする効果や、血清コレステロールの生成を抑制したりすることが確認されています。

ちょっとした捻挫と自己判断し、包帯やテーピングなどでとりあえず固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を施した後迅速に整形外科医に診察してもらうことが、快癒への近道だといえるのです。

一旦歯の周りを覆っている骨を減らすほど悪くなってしまった歯周病は、あわよくば炎症が和らぐことはあっても、エナメル質が元通りに戻るようなことはないに等しいと言われています。

ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が失効してしまった後に発売されるもので、まったく同じ成分で負担を少なく抑えられる(クスリ代が廉価な)後発医薬品そのものです。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは環状、要するに輪っかのような円い形状をした赤い色の発疹や湿疹など、皮ふのトラブルの総称であり、その病因はまさしく様々なのです。

年齢を重ねることによる耳の遠さはちょっとずつ聴力が落ちますが、一般的に還暦くらいまでは聞こえの悪化をきちんと把握できません。

ハーバード大学医学校(HMS)の研究によると、通常のコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上はカフェインレスのコーヒーに変えると、なんと直腸癌の発生リスクを5割も減らせたそうだ。

上が140以上の高血圧が長期間続くと、血管に重いダメージがかかった結果、体中至る所のあちこちの血管にトラブルが起きて、合併症を誘引する度合いが高まると言われています。

心筋梗塞は心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の中が狭まってしまって、血液の流れが途切れ、酸素や様々な栄養を心筋に配達できず、筋肉細胞そのものが壊死するという重い病気です。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が壊れてしまうことによって、結果的に膵臓からインスリンが血糖値を正常に保てるほどは分泌されなくなってしまって発病する種類の糖尿病なのです。

BMI(体重指数を計算する式はどこの国も同じですが、数値の評価基準は国家単位で異なり、(社)日本肥満学会ではBMI22を標準体重とし、BMI25以上は肥満、18.5未満を低体重と位置付けています。

道路交通事故や山での転落事故など、強大な外力が体にかかった場合は、複数の場所に骨折が生じたり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、重症の場合は内臓が負傷することも考えられます。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も患者数の多い中耳炎で幼い子供によくみられます。耳の痛みや38度台の発熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などのいろいろな症状が発生するのです。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.