Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記16

投稿日:

食事という行為は、食べ物をなんとなく口に入れたら20回前後噛んで飲み下すだけだが、その後も人体は実に律儀に活動し続けて異物を人体に取り込む努力を続けているのだ。

脚気(かっけ)の症状としては、主に手や脚が何も感じない麻痺状態になったり脚の著しい浮腫などが一般的で、進行してしまうと、悲しいかな、呼吸困難に至る心不全も起こす可能性があるようです。

ただの捻挫と勝手に決め込んで、包帯やテーピングテープでとりあえず固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を施してから急いで整形外科を受診することが、結局は快癒への近道になるのです。

抗酸菌の結核菌は、患者がゴホゴホと「せき」をすることで外気や内気の中に放り出され、空気中でフワフワと流されているのを違う誰かが呼吸しながら吸い込むことによってどんどん拡がっていきます。

チェルノブイリ原発の爆発事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果によると、体の大きな成人よりも子供のほうが分散した放射能の深刻なダメージをよく受けることを痛感します。

「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「排除しなければいけない」ものと捉えがちですが、その実、私達は日々ストレスを感じているからこそ、活動することに耐えられるのです。

「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)などの数値で確認することができますが、ここ最近では肝機能が落ちている日本人が増加傾向にあるとされています。

細菌やウィルスなどの病気を引き起こす病原体(微生物)が呼吸とともに肺に入って罹患してしまい、左右いずれかの肺が炎症反応を呈示している様を「肺炎」と断定しています。

酒類に含まれるアルコールを分解する作用があるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに極めて効果的です。不快な宿酔の要因とされているエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の無毒化にも力を発揮しているのです。

急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大方は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しを伴う程度で治まりますが、バイ菌の感染が原因の場合は激烈な腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に高い発熱が相違点だといえます。

胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法では大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「大動脈冠動脈バイパス移植術(CABG)」の両者の技術が一般的に扱われています。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、全身の脂肪が占めるウェートのことを指し、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」という計算式で把握できます。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が壊れてしまったことにより、患者の膵臓から大半のインスリンが分泌されなくなり発病してしまう自己免疫性のタイプの糖尿病です。

HIV(human immunodeficiency virus)を有する血液や精液のほか、腟分泌液、母乳、唾液といった様々な体液が、交渉相手や乳飲み子などの粘膜部分や傷口に接触した場合、感染する危険性が大きくなってきます。

肝臓を健やかな状態に保持し続けるためには、肝臓の毒素を分解する作用が低下しないようにする、分かりやすく言えば、肝臓のアンチエイジング対処法を迅速に実行することが必要でしょう。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.