Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記17

投稿日:

収縮期血圧が140を超える高血圧がある程度続くと、体中の血管に大きな負荷がかかった挙句、頭のてっぺんから足の爪先まで様々な血管に障害が生じて、合併症を併発する割合が大きくなるのです。

緊張型頭痛とはデスクワークなどでの肩凝りや首の凝りに誘引される最も多いタイプの慢性頭痛で、「まるで締め付けられるような強烈な痛さ」「重くてたまらない耐え難い頭痛と表現されることが多いようです。

スギ花粉症などの緒症状(鼻みず、鼻詰まり、クシャミなど)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが災いして慢性的な睡眠不足に陥り、翌日目覚めてからの活動に良くないダメージを及ぼすこともあるのです。

ハーバード・メディカルスクール(HMS)の研究によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上はカフェイン抜きのコーヒーに変えることで、直腸癌の発症する確率を0.52減少させることができたそうだ。

2005(平成17)年から新しくトクホ(特保)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との一文の記述が食品メーカーに義務付けられた。

一見すると「ストレス」というのは、「無くすもの」「除去すべきもの」ものと思いがちですが、現に、私たちヒトは大なり小なりのストレスを体験するからこそ、生活していくことができているのです。

不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、特に病気ではなくても現れることがあるため深刻な重病ではないにせよ、短期間で発作が再三発生するケースは楽観視できないといえます。

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、通常は腹痛・悪心・嘔吐・下痢の症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合は猛烈な腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢の他に高い発熱が違いです。

好気性桿菌の結核菌は、感染している人が「せき」をすることによって空間に排出され、空中でフワフワ動いているのを別の人が呼吸しながら吸い込むことによって感染していきます。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が細くなり、血流が途切れ、酸素や様々な栄養が心筋まで届かず、筋肉細胞そのものが壊滅状態になる深刻な病気です。

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術」の2つの手段が高い確率で導入されています。

お薬、アルコール、合成着色料を始めとした食品の添加物などの物質を特殊な酵素で分解して無毒化する機能の事を解毒(げどく)と呼んでおり、肝臓の果たしているとても重要な任務の一つだということは間違いありません。

必要な栄養素を万遍なく含んだ食事や体を動かすことは当然ですが、健康増進や美のために、特に欲しい栄養を補うために数種類のサプリメントを服用する事が珍しくなくなりました。

複雑骨折したことにより酷く出血した時は、急に低血圧となって周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、座っていても起こる意識消失発作などの色々な脳貧血症状があらわれることがよくあります。

メタボリックシンドロームとは断言されていなくても、臓器の脂肪が多く付きやすい類の悪い肥満症を持つことに縁って、様々な生活習慣病を起こす可能性が高まります。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.