Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記18

投稿日:

大体は水虫イコール足、こと足指の間に現れやすい病気だと間違えられやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足だけに留まらず、人の体ならどの部分にもうつるという可能性があるので注意してください。

ダイエットを成功させたいばかりにカロリーを抑制する、あまり食べない、等の食生活を続けるとひいては必要な栄養までもを不足させ、慢性の酷い冷え性を誘発する事は、しょっちゅう言われているのです。

様々な花粉症の緒症状(鼻水、鼻詰まり、連発するくしゃみ等)のために夜よく眠れないと、それが素因になって慢性の睡眠不足になり、翌朝目覚めてからの仕事内容に芳しくない影響を与えるかもしれません。

侮ってはいけないインフルエンザの予防するための方法や病院での治療など必ず行われる措置自体は、それが季節性のインフルエンザでも新型のインフルエンザでもほぼ変わりません。

塩分と脂肪の大量摂取を中止して無理しない程度の運動をおこなうだけでなく、ストレスのかかり過ぎないような日常生活を心がけることが狭心症を誘引する動脈硬化を未然に防止するポイントなのです。

男性の生殖器である前立腺は生育や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが非常に大きく関係していて、前立腺に現れた癌も同様に、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの力で大きく成長します。

体を維持するのに必要なエネルギーとして瞬時に機能する糖質、人の新陳代謝に必要な蛋白質など、行き過ぎた痩身ではこんな活動をキープするために絶対に要る重要な栄養分までも減らしてしまっている。

ポリフェノール最大の特性は水溶性のV.C.やV.E.などとは異なっていて、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化を遅れさせる効果を持っているのです。

植物栄養素とも言われるフィトケミカルの部類に入るスルフォラファンというブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物について、肝臓が分泌している解毒酵素の正常な製造活動を促進しているのではないかという新たな真実がわかってきたのです。

ともすると「ストレス」というのは、「溜めないようにするもの」「排除すべきもの」と捉えがちですが、実を言えば、我々人間は多種多様なストレスを感じているからこそ、活動することが可能になっているのです。

食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、肉体的なストレス、高齢化などの多様な原因が混ざり合うと、インスリン分泌が減少したり、働きが落ちたりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病するのです。

音楽会のおこなわれる会場やクラブハウスなどにある特別仕様の大型スピーカーの隣で大きな音を聞いて難聴になってしまうことを「急性音響外傷」と言うのです。

日々繰り返される折り目正しい生活の維持、腹八分目の徹底、正しい運動やスポーツ等、アナログとも言える体への注意点が皮ふのアンチエイジングにも関わっているということです。

万が一検査で現時点での卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っていてPOF(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合は、足りていない分の女性ホルモンを補てんする処置等で改善が期待できます。

内臓脂肪が多いことによる肥満と診断された上で、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、高血圧(こうけつあつ)、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2~3項目該当する様子のことを、メタボリック症候群と名付けています。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.