Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記19

投稿日:

花粉症というものは、多く植えられているスギやヒノキ、ブタクサなどの花粉がアレルゲンとなって、クシャミ・目や皮膚の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を呈する病気なのです。

高齢の方や慢性的に病気を患っている人などは、殊更肺炎を起こしやすくすぐには治りにくい傾向にあるため、事前に予防する意識やスピーディな手当が大事です。

いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学的には股部白癬(コブハクセン)という病名で、カビの一種である白癬菌が股部や陰嚢、お尻などの部位に何らかの理由でうつり、定着してしまう感染症のことで水虫のことなのです。

気分障害のうつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りず、強い憂うつ感、不眠強い倦怠感、食欲低下、体重の減少、強い焦り、意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図などの危険な症状が見られるのです。

男性だけにある前立腺は活動や成長に雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても密接に関係していて、前立腺に出現してしまった癌も同じように、アンドロゲン(雄性ホルモン)の作用で成長してしまうのです。

寝姿を見ることで、要介護者が犬のことをすごく可愛いと思った時に「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスを軽くしたり心の癒しに結びつきます。

毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、今までの膨大な研究の成果により、ワクチンの予防接種効果を期待できるのは、注射の14日後から150日程ということが明らかになりました。

学校のような集団行動をするに当たって、花粉症が主因で他のみんなと同じように外でめいっぱい運動ができないのは、患者にとってもさみしいことです。

我が国における結核対策は、長年、1951年に誕生した「結核予防法」にならってなされてきましたが、56年後の2007年から他の数ある感染症と一括りにして「感染症法」という名の法律に基づいて行われることに決定しました。

UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという性質があり、大気中に存在するオゾン層で一部が吸収されるのですが、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を傷つけたりして、皮ふに悪影響を与えることが明らかになっています。

規則正しい穏やかな暮らしの維持、腹八分目の徹底、続けられる運動や体操など、一見古典的ともいえる体についての注意が老化対策にも活用されるといえます。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常によりもたらされる発疹で、分泌の異常の原因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのアンバランス、リボフラビンなどビタミンB複合体の不足などが注目されているのです。

数あるギプスの中でも特にグラスファイバー製のものは、非常に強靭で軽くて着け心地が良い上に持ちが良く、水に濡れても壊れずに使用できるというメリットがあるため、現在採用されるギプスの中でも主流でしょう。

ちょっとした捻挫と勝手に決めつけ、冷湿布を貼って包帯やテーピングテープで動かないように固定し、そのまま様子をうかがうのではなく、応急処置をしたら素早く整形外科医に診てもらうことが、早く根治させる近道に繋がるのです。

胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、食事の欧米化に加えて喫煙・アルコール・脂肪過多などの生活習慣が乱れたこと、ストレスなどに縁り、こと日本人に多いという病気だといえます。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.