Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記20

投稿日:

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは目が覚めている覚醒状態で生命を保つ(鼓動、呼吸、腎臓の動き、体温や筋緊張のキープなど)のに必要な理論上の最小限のエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。

脳卒中のクモ膜下出血は90%近くが「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳内の血管の不必要なこぶが破裂して出血することで発症する致死率の高い病気だという知識を多くの人が持っています。

結核への対策は、1951年施行の「結核予防法」に沿う形でなされてきましたが、56年後の平成19年からはこれ以外の感染症と供に「感染症法」という名の法律に基づいて行われることが決まりました。

拡張期血圧90以上の高血圧が長い間継続すると、全身の血管に強いダメージがかかった結果、身体中至る所の様々な場所の血管に障害が発生して、合併症を誘引する度合いが高まります。

下腹部の疼痛の元凶となる主な病には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、女性性器の疾患などが真っ先に挙がるようです。

好気性桿菌のひとつである結核菌は、菌に感染した人がゴホゴホと咳き込むことで外気や内気に放出され、空中にふわふわ流れているのを今度は他の人が吸い込むことで次々に感染していくのです。

複雑骨折したことによりかなり出血した時は、急激に血圧が降下して、目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、嘔吐感、意識消失発作などの脳貧血の症状が現れる時があります。

日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収される行程を促進するという性質で知られていて、血中のCa濃度を操って、筋繊維の動きを調整したり、骨を作り出します。

肝臓をいつまでも元気にキープするためには、肝臓の解毒する作用が下がらないようにする、要は、肝臓の老化を食い止める対策に地道に取り組むことが必要でしょう。

悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、通常ならヒトをがんから保護する役目を果たす物質を作り出すための鋳型のような遺伝子の不具合が原因で起こってしまう病気だというのは周知の事実です。

「とにかく多忙だ」「手間のかかるいろんなお付き合いが嫌でしょうがない」「あらゆる技術やインフォメーションの高度な進化に追いつけない」など、ストレスを受ける元凶は一人一人違います。

「肝機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等の数値で判断できますが、特にここ数年肝臓の機能が悪化している人々が明らかに増加傾向にあるそうです。

年々患者数が増加しているうつ病では脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、気分の落ち込み、不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、強い焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図等の症状が出現するのです。

塩分や脂肪分の摂り過ぎを避けた上で手ごろな運動に努めるだけでなく、ストレスの少ないような毎日を意識することが狭心症を起こす動脈硬化を予め予防するコツなのです。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や脚がマヒしたり下肢の著しい浮腫みなどが一般的で、進行してしまうと、深刻な場合、心不全などを誘引することがあるようです。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.