Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記21

投稿日:

学校等集団行動で、花粉症の症状が主因でクラスの皆と等しく思う存分行動ができないのは、本人にとって辛いことです。

今、若い世代で咳が続く結核(けっかく)に立ち向かう抵抗力、すなわち免疫力を持たない人達が多くなっていることや、自己判断のせいで受診が遅れることに縁る集団院内感染が増加傾向にあります。

脳卒中のくも膜下出血(SAH)はその8割以上が脳動脈りゅうという血管が変形してできる不必要なこぶが破裂してしまう事が要因となって発症してしまう命にかかわる病気なのです。

メタボリック症候群とは言われていなくても、内臓に脂肪が多く蓄積しやすい特性の体重過多になってしまう事により、複数の生活習慣病を招く可能性が高まります。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために作用する様々な酵素や、細胞・組織の再生に深く関係する酵素など、200種類以上もの酵素の構成要素として欠かせないミネラルの一つなのです。

衝突事故や屋根からの転落など、とても強い圧力がかかった場合は複数の個所に骨折が発生してしまったり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、酷くなると内臓が負傷してしまうこともあるのです。

寝姿を見ることで、入居者さんが猫を可愛らしいと思う時に「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが分泌された結果、ストレスを低減したり精神のヒーリングなどに結びついているのです。

不整脈である期外収縮の場合、健康な人にも出現することがあるので重大な健康障害とは限りませんが、発作が数回立て続けに起きる場合は危ないのですぐ病院へ行きましょう。

世界保健機関は、人体に有害なUV-A波の異常な浴び過ぎがお肌に健康障害をもたらす可能性が高いとして、19歳未満の男女が肌を黒くする日焼けサロンを利用する活動の禁止を広く世界各国に求めている最中です。

チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査のデータでは、体の大きな成人よりも体の小さい子供のほうが分散した放射能の有害な影響をよく受けることがわかっているのです。

国民病ともいわれる花粉症とは、杉やヒノキ、マツなどの様々な植物の花粉が誘因となって、くしゃみ・頭重感・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの不快なアレルギー症状を生ずる病気であることは言うまでもありません。

筋緊張性頭痛とは仕事や勉強などでの肩凝り、首こり、張りが要因の最も多いタイプの慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような痛さ」「重いような痛さ」と言われています。

AEDというものは医療資格を持っていない人にも使用する事のできる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの手順に応じて手当することで、心臓が細かく震える心室細動に対する応急処置の効き目をみせます。

エイズとはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因となって起こるウイルス感染症であって、免疫不全となって些細な細菌などが原因の日和見感染や悪性新生物等を複数発症してしまう病状そのものの事を指しています。

吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というものは咽頭から肺に続く気道(きどう、呼吸器)からの出血のことで、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から血が出る状態を表しています。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.