Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記22

投稿日:

ものを食べるという行為は、次に食べようと思った物をなんとなく口に運んで数十回咀嚼して嚥下して終わりだが、そのあと人体はまことに健気に動いて異物を身体に取り入れるよう努力している。

エイズウイルス、つまりHIVを持つ精液、血液、女性の母乳や腟分泌液等の様々な体液が、乳飲み子等の粘膜や傷口に接触することにより、HIV感染の可能性が大きくなるのです。

スマホ使用時のチラつきを低減する効果のあるレンズの付いた眼鏡が大変人気を博しているのは、疲れ目の消失に大勢の方々が惹かれているからだといえます。

日本における結核への対策は、1951年施行の「結核予防法」に準ずる形でおこなわれてきましたが、56年後の2007年からこれ以外の感染症と等しく「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に従って実行されることが決まりました。

内臓に脂肪が多い肥満が確認されて、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2項目以上に当てはまるような健康状態のことを、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼んでいるのです。

もしも検査で実際にエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が少なくてPOF(Premature Ovarian Failure)だと判明した場合、足りない女性ホルモンを補填してあげる治療で緩和が期待できます。

高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、数多くの研究結果として、注射の予防効果を見込めるのは、ワクチンを注射した日の2週後位から150日間位だろうと言われているようです。

毎日の折り目正しい生活の維持、腹八分目の実践、続けられるスポーツや体操など、アナログともいえる健康についての取り組みがお肌の老化防止にも関係するということです。

AEDというものは医療資格を保有していない普通の人でも使用する事のできる医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスの手順に従って処置することで、心臓の心室細動に対する治療の効き目を実現します。

高血圧(hypertension)の状態が長く続くと、全身の血管に大きな負荷がかかった結果、身体中至る所の色々な血管に障害が起こって、合併症を発症してしまう公算が高くなると言われています。

ほぼ100%に近い割合で水虫といえば足を連想し、中でも足の裏に現れやすい病気だと間違えられやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染する所は足だけではないので、体の色んな部位にもうつってしまう危険性があります。

急に発症する急性腸炎は、大体において腹痛・吐き気・下痢の症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染によるものの場合は壮絶な腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢と同時に38度台の高熱も出るのが見分けるポイントです。

気が付くといつも横向きのままでテレビを見つめていたり、ほっぺたに頬杖をついたり、かかとの高い靴等をよく履いたりというような癖や習慣は身体の左右のバランスが崩れる誘因になります。

ストレスがかかり、蓄積していくメカニズムや、手軽で効果的なストレスを緩和する方法など、ストレスに関わる正確な知識を保有している人は、さほど多くはありません。

「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の体の中の脂肪が占めている歩合のことを指し、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(body weight)×100」という計算式によって算出することができます。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.