Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記25

投稿日:

胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科処置ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス術」という2つの手段がしきりに用いられています。

常在細菌の一つであるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力のきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と一方は毒素の強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種類が存在します。

コンサートやライブなどの開催される場内や踊るためのクラブなどに備えられた大型スピーカーの正面で大音量を聞いて難聴になる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と言うのです。

高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、臨床データに基づいた研究結果によって、ワクチンの予防効果が期待されるのは、ワクチン接種した2週後位からおよそ150日ぐらいということです。

日光に当たると生成されるV.D.は、Caが体内に吸収されるのを促す機能が有名であり、血液中の濃度をコントロールし、筋肉の働きを適切に調節したり、骨を作ります。

UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特性があるためオゾン層を通る際にその一部が吸収されますが、地表まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の中で細胞のDNA(遺伝情報)を破損させたりして、皮膚に良くない影響をもたらすことが明らかになっています。

脳内にある5-HT神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの鎮静、あらゆる覚醒などを司っていて、大鬱病の患者さんでは働きが鈍化していることが判明している。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、4~5日きちんと薬を飲めば、一般に9割前後の患者さんの自覚症状は消え去りますが、かといって食道粘膜の炎症反応自体が根治したとは言い切れないので気を付けましょう。

若年層で感染症の一種である結核に抗う免疫力(抵抗力)を保持していない人々が増加していることや、自己判断のせいで受診が遅れることが誘因の集団院内感染の発生頻度が高いようです。

一度永久歯の周囲のエナメル質を減らすまでに時間の経ってしまった歯周病は、たとえ病状が治まったとしても、なくなった骨が元の量に再建されることはまずないでしょう。

毎日のようにゴロンと横向きのままでテレビを視聴していたり、頬に頬杖をついたり、ハイヒール等を毎日履いたりというようなことは身体のバランスを悪くしてしまう大きな誘因になります。

内臓脂肪型の肥満が診られて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖のうち2個以上に合致するケースのことを、内臓脂肪症候群と名付けました。

クシャミや鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の主な症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛散している量に沿って悪化の一途を辿るデータがあるとわかっています。

流感、即ちインフルエンザに適応した予防方法や病院での手当等、このような必須とされる措置は、それが季節性インフルエンザであっても新型のインフルエンザでも一緒です。

下腹部の疝痛を訴える人の多い主な病気には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、卵管の病気等が聞かれるようです。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2019 AllRights Reserved.