Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記26

投稿日:

高血圧(hypertension)の状態が長引くと、身体中の血管に強い負担がかかった挙句、身体中の様々な血管にトラブルがもたらされて、合併症になってしまう割合が拡大します。

BMIを求める式はどこの国でも同じですが、値の位置づけは国ごとに少しずつ違い、一般社団法人日本肥満学会ではBMI値22を標準体重、25以上の場合は肥満、18.5未満の場合だと低体重と定めています。

脳内の5-HT神経は、自律神経を調整したり痛みの鎮圧、色々な覚醒現象などを操作していて、気分障害(うつ病)に罹患している人はその機能が鈍くなってることが明らかになっているのだ。

虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が細くなってしまい、血流が途絶え、必要な酸素や栄養が心筋に配達されず、ほとんどの筋細胞が死ぬという大変恐ろしい病気です。

高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究の成果から、予防効果が見通せるのは、注射した2週間後から約150日間ほどだろうということが判明しています。

悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、通常なら人を癌から守る作用をする物質を作り出すための金型である遺伝子の不具合によって罹患してしまう病気だというのは周知の事実です。

最も大きな内臓である肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが付着した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、脳梗塞を始めとしたいろんなトラブルの元凶となる恐れがあることをご存知でしょうか。

メタボリックシンドロームとは言われていなくても、内臓脂肪が多く付く性質の肥満症が確認される事により、いろんな生活習慣病を招く可能性が高まります。

自分で外から眺めただけでは骨折しているのかどうかよく分からない時は、痛めてしまった地点の骨を優しく指で触れてみて、もしその箇所に強い痛みが走れば骨が折れているかもしれません。

花粉症というのは、山林のスギやヒノキ、ヨモギなどの木や草の花粉に誘発され、くしゃみ・皮膚のかゆみ・鼻づまり・鼻みずなどの辛いアレルギー症状を主訴とする病気として認識されています。

グラスファイバーで作られたギプスは、強靭で軽量で着け心地が良い上にとても持ちが良く、水に濡れてもふやけないという特長があるので、現代のギプスの定番製品でしょう。

黴菌やウィルスなど病気を生み出す病原体(微生物)が口から肺の中に侵入し発病してしまい、肺全体が炎症反応を呈示している事を「肺炎」と断定しています。

UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという特徴があり、大気中に存在しているオゾン層で一部分が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-Bは皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を破壊するなど、皮膚に悪い影響を与えます。

軽傷の捻挫だと勝手に決めつけ、冷湿布を貼って包帯やテーピングで固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を施した後一刻も早く整形外科を受診することが、早く快癒させる近道となります。

男性にしかない前立腺は働きや成長にアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても深く関係し、前立腺に出現したがんも同様、アンドロゲン(男性ホルモン)の機能によって大きく成長します。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2020 AllRights Reserved.