Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

健康雑記

健康雑記27

投稿日:

下が90以上の高血圧が長い間続くと、身体中の血管に強い負担となり、頭頂からつま先に至るまで様々な血管にトラブルが発生して、合併症を誘発するリスクが高まります。

脳卒中のクモ膜下出血は9割弱が脳動脈瘤と言われる脳の血管の不要な瘤(こぶ)が裂けて脳内出血する事が原因となって発症してしまう脳の病気なのです。

多くの人に水虫イコール足、特に足指の間に発症する病気だと思われがちですが、白癬菌にかかるのは足だけということはなく、体の様々な部位に感染するという危険性があるのです。

メタボリックシンドロームであるとは断言されていなくても、内臓脂肪が多く付着してしまう性質のよくない体重過多を持っている事で、辛い生活習慣病を引き起こしやすくなります。

痩せたいために摂取カロリーの総量を控える、1日3食のうち1食を飛ばす、というようなライフスタイルを続けるとひいては必要な栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えをもたらしていることは、多くの医療関係者が言われていることなのです。

自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を保持していない一般の人でも使える医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスの手順通りに処置することで、心臓の心室細動の治療の効き目をみせてくれます。

複雑骨折して大量に出血してしまった状況では、急に血圧が降下してめまいやふらつき、冷や汗、吐き気、立っていなくても起こる意識消失などの様々な脳貧血症状が見られる場合もあります。

エイズウイルス(HIV)を持つ精液や血液、女性の母乳や腟分泌液といった類の体液が、乳飲み子等の粘膜や傷口などに触れれば、HIV感染のリスクがあるのです。

BMIを計算する式はどの国でも同じですが、BMI値の評価は国家単位で異なっており、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準体重とし、25以上を肥満、BMI18.5未満を低体重と決めています。

2005(平成17)年2月以降全ての特定保健用食品の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促すキャッチコピーの表記が義務化している。

折り目正しい生活の保持、満腹になるまで食べないこと、正しい体操など、古臭いともいえる自分の健康への注意点が肌の老化防止にも関わっているのです。

アメリカやEU圏では、新しい薬の特許が満了した約30日後、製薬市場の80%がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に取って代わる医薬品もある位、後発医薬品は先進国で知られているのです。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番代表的な中耳炎で小さな子どもに多く起こる病気です。猛烈な耳痛や38℃以上の高熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などの多様な症状が現れるのです。

気分障害のうつ病では脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、不眠、強い憂うつ感、なかなか抜けない倦怠感、食欲不振、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の症状が心身に現れます。

音楽会やライブなどの施設やクラブなどにあるすごく大きなスピーカーの真ん前で大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と言っているのです。

-健康雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2020 AllRights Reserved.