Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

美容雑記

美容雑記26

投稿日:

皮膚の乾燥の因子の一つである角質細胞間脂質と皮脂の量の減量は、アトピー患者のように遺伝によるものと、逃れようのない加齢やスキンケア化粧品などによる後天性の要素によるものに大別できます。

本国では、皮膚が白く黄ぐすみやシミが無い素肌を好ましく捉える価値観がかなり前から浸透していて、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。

日本皮膚科学会の判断指標は、①強い痒み、②特殊な皮疹とその拡散エリア、③反復する慢性的な経過、3項目全部チェックが入る病気をアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と呼んでいる。

若い女性に人気のネイルケアとは、爪のお手入れのこと。美容だけでなく、ヘルスケア、皮膚科医による医療行為、生活の質(quality of life)の保全など多種多様な扱い方が可能で、もはやネイルケアは一つの確立された分野となっているのだ。

整形外科とは異なり美容外科が欠損などのない健康な体に外科的な侵襲を加えるという美のための行為なのを差し置いても、結局は安全への意識が足りなかったことが一つの大きな元凶なのだ。

外見を装うことで心がはつらつとして豊かになれるのは、顔面に悩みを抱えている人もいない人も一緒です。メイクは己の内側から元気を発見する最良の手段だと捉えているのです。

肌の美白ブームは、90年代初頭からじわじわと女子高校生などに支持されたガングロなど、異常に日焼けする渋谷系ギャルファッションへの対抗的な考え方が入っている。

現代を生きている私たちは、一日毎に体内に蓄積されていくという凶悪な毒を、多様なデトックス法を利用して外に出し、何としてでも健康体を手中に収めようと皆躍起になっている。

汗をたくさんかいて身体の中の水分が減ってしまうと自然に尿量が減らされて体温調節に必要な汗用の水分が蓄えられるために、この余分な水分こそがむくみの要因になっています。

目の下に大きなたるみが現れると、男女を問わず全ての人が年齢よりも上に映ってしまいます。弛みは色々ありますが、その中でもことさら目の下は目立つ部位です。

メイクの良いところ:新製品が出た時の物欲。メイク前の素肌とのギャップに萌える。いろんなコスメに資金をつぎこむことでストレスを解消される。メイクをすること自体をもっと学びたくなる。

その上に毎日のストレスで、精神にまでも毒素は山のように蓄積していき、身体の不具合も起こす。この「心も体も毒まみれ」というような感覚こそが、苛まれた私たちをデトックスに駆り立てている。

健康な身体にも生じるむくみだが、これは当たり前のこと。なぜか女の人は、夕方のふくらはぎのむくみを気にしているが、人ならば、下半身が浮腫むということはまっとうな状態なのであまり気にしない方が良い。

睡眠時間が不足すると肌にはどんな悪影響をもたらすのかお分かりですか?その答えが皮ふの新陳代謝の乱れ。皮ふの入れ替わるサイクルが遅れてしまいます。

皮ふが乾燥する原因である角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の縮小は、アトピー性皮膚炎など遺伝的な要素によるものと、逃れようのない加齢や洗浄料などによる後天的要素に縁るものに分かれます。

-美容雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2020 AllRights Reserved.