Just another WordPress site

走ること!疾風のごとく!

美容雑記

美容雑記27

投稿日:

本国において、肌色が透き通るように明るく淀んだくすみや大きなシミが無い素肌を好ましく受け止める美意識は相当古くからあり、「色の白いは七難隠す」という有名なことわざもある。

美容外科(plastic surgery)とは、いわゆる外科学のジャンルで、医療を目標とした形成外科(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは別のものだ。加えて、整形外科とも早とちりされがちであるがこれとは全く分野違いである。

アイラインやマスカラなどのアイメイクを落とすときに化粧をきちんと落とすためにゴシゴシと強くクレンジングし続けていると皮膚が傷ついたり酷い場合は炎症を起こして色素沈着を招いてしまい、目の隈の元凶となるのです。

メイクアップの短所:皮ふへの影響。毎日化粧するのは面倒だ。金が結構かかる。皮膚が荒れる。お直しや化粧をする時間の無駄遣いだということ。

日光を浴びたことによって大きくなったシミを消すよりも、大きくならないように防護したり、肌の奥に潜むシミの赤ちゃんを遮断する方が大事ってご理解いただけましたでしょうか。

お肌のターンオーバーが遅れてしまうと、ありとあらゆる肌のエイジング現象や肌トラブルを招きます。ほうれい線などのシワ・目立つシミ・顔色の冴えないくすみ・隈・弛み・吹き出物・乾燥など、書きだしてみればキリがないほどなのです。

メイクのデメリット:うっかり泣いてしまうとまさに修羅のような怖い顔になってしまう。ちょっとだけ多くなっただけなのに下品になってしまい自爆する。顔の造形をごまかすのにも甚だ苦労する。

この国における美容外科の歴史では、美容外科が「紛れもなく正しい医療」だとの認知と地位を手中に収めるまでには、意外と長い時間を要した。

アイラインなどのアイメイクを落とすときに化粧をしっかり落としたいがために力任せにゴシゴシクレンジングするのが習慣になってしまうとお肌が傷んだり酷くなれば炎症を起こして色素沈着を招き、目の下のクマの一因になるのです。

尚且つ、皮膚の弛みに大きく結びつくのが表情筋。色んな表情を生む顔に張り巡らされた筋肉です。コラーゲンと同様、この表情筋の働きも老化にともなって鈍くなります。

明治も末期に差し掛かった頃、洋行から帰ってきた女性たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介して、これらを新しく言い表す用語のひとつとして、美容がけわいの替わりに使われるようになったとされている。

ほっぺたなど顔のたるみは実年齢より年上に見られる要因。皮膚のハリや表情筋の衰退が弛みに繋がりますが、それだけではなく日々の暮らしにおける何気ない習慣も原因のひとつです。

爪の生産行程は樹木の年輪のように刻まれる存在であることから、その時に健康かどうかが爪に反映されやすく、毛髪と同様すぐに見えて気付きやすいことから健康のバロメーターとも言われているようだ。

加齢印象を高くする重要な誘因のひとつが、歯にこびりついた”蓄積くすみ”です。一見ツルツルしている歯の表層には、見えないくらい小さな凸凹があり、毎日の暮らしの中で黄色い着色や食物カスの汚れが溜まりやすくなります。

明治の終わり頃、異国から帰ってきた女たちが、洋髪、洋風の服装、洋風に使う化粧品・美顔術などを紹介した結果、これらを総括する語彙のひとつとして、美容がけわいという言葉に代わって扱われ始めた。

-美容雑記

Copyright© 走ること!疾風のごとく! , 2020 AllRights Reserved.